beki雑記

オタクのライブレポ

2019年6月の読書

劇団雌猫『だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査』2018.10 柏書房

 

honto.jp

 

オタク集団劇団雌猫のメイク本。ちまたにあふれるどうメイクするか?の本ではなくなぜメイクするか?にスポットを絞った1冊。男性側からはわからない女性が普段考えている美意識について知るために役立つし、何よりも著者属性的にオタク女性が多いので読んでいて楽しい。個人的に印象的だったのはデパートの販売員だった女。美容部員の尋常じゃない禁止事項の多さやダサいメイクをしているとクレームがくるなど容姿の世界で生きるつらさと大変さを感じた。
読んでいて思ったのですが終始文中に出てくるブランドがわからなくて参りました。おれの知っているブランドはアマベルミルクアンジェリックプリティイノセントワールドぐらいなので当然ですが…

 

 

池田 清彦 (監修)月刊つり人編集部 (編集) 『池の水ぜんぶ“は”抜くな! 外来種はみんなワルモノなのか』2019.5 つり人社

 

honto.jp

 

池の水ぜんぶ抜いたに対して生物学者がその是非について書いた1冊。まず外来種と在来種の境界線をはじめとして外来種は本当に悪なのか、また在来種が減った理由は外来種のせいと一概に言えるのか、127pと短いながらもわかりやすく書いている(参考文献一覧がないのが若干残念)。印象的だったのが「手つかずの自然」を目指す自然保護活動が本当に理想なのか?という問いだ。例えば、外来種のおかげで生息できる在来種がいたり、現在「手つかずの自然」が世界をみてもほぼ存在しなかったり、外来種と在来種から生まれた交雑種の取り扱いなど、色々と考えるきっかけになった。また、イエネコが野生化するとノネコと呼ばれるのには驚いた。

 

南条 あや『卒業式まで死にません 女子高生南条あやの日記』2004.2 新潮社

 

honto.jp

 

精神的に病んでいる女子高生の死に至るまでのリストカット&オーバードーズ日記。おれは2000年代中盤ぐらいにこんなリストカットをやっている人間のブログを好んで読んでいたのでこれこれ!と何度も読書中に頷いていた。

ただ、著者が女子高生として過ごした時間は1990年代後半なのでおれが好んで読んだものとは微妙に時期がズレている。例えばおれが読んでいたリストカッターの方たちの好む音楽は椎名林檎“さま“やsyrup16g、ムックやアンティークだったのに対してこの著者はcocco。絶妙なチョイスに涙が出る。

日記は1999年3月16日で終わっているが、一番後ろの略歴で死に至るまでの過ごし方がわかる。高校卒業後、婚約者とディズニーに行ったり、指輪を買ったり、友人とカラオケ大会を開いたり人生がものすごく充実しているようにみえるが3月30日に唐突にODで自殺、享年18歳だった。タイトルは著者自身が親友に約束していたことだという。言行一致の彼女に黙祷。

あかるい呪詛師(aiko「Love Like Pop add. 10th Anniversary」を観ました)

少し前、ツイッターを眺めていたら以下のようなまとめを見かけた。

 

togetter.com

 

aikoは平成を代表する女性アーティストであることはいうまでもないが、そのaikoの歌詞が呪いのようなフレーズと形容されているのをみて少しおかしくなってしまった、Coccoならともかく。

 

だが、彼女についてそこまで詳しくないおれもそんな曲があることは知っていた。2006年に発売されたスーパー名盤こと『彼女』に収録されている「深海冷蔵庫」だ。おれは本当にこの曲が好きで好きで仕方がない。しっとりとしたカバサからはじまり、Aメロの腐った卵や味の無くなったガムのような関係の終末を例えるような比喩、サビでの暖かい冷蔵庫という不思議なフレーズ、そして大サビで今までの「わたし」と「あなた」の思い出をすべて吐露するかのような呪詛ラッシュ。どれひとつとってもaikoのmasterpieceである要素を構成していることは間違いない。
もちろん、先日発売されたシングルコレクションには入っていない曲であり、会社の年2ペースでaikoのライブに行く先輩に「彼女に収録されている深海冷蔵庫好きなんすよね」と言ってもそういえばそんな曲あったね…程度のリアクションしかもらえない知名度のアルバム曲である。ライブファンズを確認しても最後に演奏されたのが4年前の2015年だ。だが、生で聞くことはかなわなくてもそれに近い形態で聞きたい!と調べていたところライブDVDが発売されていたことに気付いたのが今回視聴に至った経緯である。以下感想。

 

DVDで観たaikoは率直に言えばただただ明るく楽しそうだった。スローテンポのバラードが多い『彼女』中心のセットリストでありつつも、間にシングルメドレーをはさみつつ上手くまとめていた。今回視聴していてひとつ驚いたことがある。定番の男子~?女子~?に加えてそれ以外の人~?というコールがあったのだ。2000年代にこういった配慮のあるコールをしているのはなかなか珍しいなと。そしてライブ終盤、バックバンドの皆様が一人ずつ有名な曲のフレーズを演奏していくパートがあったのだがこれだけで15分近く使っていたのは爆笑したし、それを聞く観客にあたたかな空気が流れていたのは嫌師であった。
本命の深海冷蔵庫だが、言葉にするのができないほどよかった。青いレーザーを浴び大サビで「あなた」に対して気持ちをこめて呪詛を紡ぐaikoは本当に輝いていたのだった。

 

おわりに先月放送されたバズリズムでのaiko特集を紹介したい。彼女のライブの満足度が非常に高い理由に迫るという放送だったのだが、確かにDVDで観るだけでもその魅力が理解できた。aikoそのひとが観客に対して真摯に向き合うからこそ、観客席に笑顔が絶えないのだろう。

自分もその一端にふれるべくライブに行ってみたいと強く思う。

『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話を観ました


マジで何もいうことはないぐらい佳かったのですがレポです。

 

ジョジョ四部の億泰が子羊背肉のリンゴソースかけを食べているときのような感覚を覚える60分でした。いや「幸せの繰り返しだよぉぉぉぉぉ~~~っ」と思えるフィルムが1200円で観れる値段設定本当に狂ってません?
・BC自由戦、最終章1話からツイッターで観測されていたとおりの押田「くん」と安藤「くん」のかけあいや西住殿のBC自由学園内の統合前の不仲を見抜く洞察力からの作戦立案、そして一転攻勢したあとのBC自由学園視点での大洗の恐ろしさ、最後まで気高く戦い抜くネームド3人。もうこれだけで2話が終わったと思うほどの濃度で衝撃でした。
・2回戦はまさかの知波単。だけれども以前までの突撃一辺倒の彼女たちではなくなっていて…というのは純粋に面白かったです。いままでは玉砕一辺倒のイメージが強かったのですが、今回は搦め手もできて純粋に能力もあり、なによりも西隊長のカリスマ性が際立っていて倒すには手強い相手だという印象が沸きました。そんな一筋縄ではいかない相手でも西住殿が柔軟な発想で対処していくのは観ていて本当に心地よかったです。

 

こんな濃密なフィルムが見れるなら何年でも待つので未完にだけはしないでくれ頼むという気持ちしかないです。今度は4Dでも爆音でも見たい。

『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』を観ました

f:id:bekibekibeki:20190624193406j:plain

 

正直2期をちょこっと見た自分にとっては衝撃的でした。以下レポ。

・最初から終わりまでライブに終始していてこれ1800円で見ていいの!?と信じられなかった。これ例えるなら女性向けアニメ版ボヘミアンラプソディですよ。
・ライブ本編、めちゃくちゃ作画のカロリーが高そうな演出ばかりで参った。檻が出てきたり電車が空を飛んだりドームが空いて暗闇から青空になったりと絶対にこれは生のライブでは再現不可能でだからこそ外連味があって楽しいんだろうなと。
・混合ユニット曲後のMCが1ユニット2~3分なのはファンにとっては嬉しい反面これはアニメならではだなと、おそらく東京ドームであろうキャパのライブでMCにそんなに時間はかけてられないだろうしね。それをいったらアンコール含めて15曲前後の1時間半のライブは相当短いわけですが…
・嶺二くん、今日も頑張ってたしマッチョッチョ言わなかったわね…(後方彼女面アピール)
・エンドロールで春歌ちゃんや社長たちが一瞬だけ映るの徹底してるんですよね…この映画はライブだから主役以外をこういう風に映すの本当に配慮って感じで佳い
ブロッコリー、エレメンタルガーデンに何か弱みを握られているのか?ってぐらい作詞作曲がエレメンタルガーデンで吹きました。バンジードリームかよ

 

いやー最高でした。こういうタイプの映画は応援上映と親和性が高そうでどんな雰囲気なのかめちゃくちゃ興味を持っているのでフィルム特典のときにまた行こうかな。

 

 

 

2019.6.2 @渋谷 TSUTAYA O-EAST ラックライフ 「Lily Release ONE-MAN TOUR」

.

f:id:bekibekibeki:20190613072348j:plain

f:id:bekibekibeki:20190613072405j:plain


ラブライブ?」
会社の同僚にどんな音楽を聞くんです?と聞いたら返ってきた言葉だ。
ラックライフラブライブと聞き間違えるぐらいには耳が遠いおれではあるが、オススメされた音楽はなるべく聞くようにしている。薦められた彼らのメジャーデビュー後のアルバム2枚は10年間組んでいるバンドとは思えないほど良さと初期衝動にあふれた作品集であり、3800円という安いチケット代金は安易に行こうと思わせるにはちょうどよかった。

以下レポ。

 

・文豪ストレイドックスの主題歌でブレイクしたとのことで男女比は女性多め
O-WESTとduoでアニソン歌手とV系バンドがライブ予定だったため会場近辺の道路が異様に混んでいてなんか渋谷の領域っぽくなかったのは笑ってしまった
O-EASTの2階で売っていたプリン味のアイスクレープ(300円)マジ美味しいんですよ…
・ライブ自体はボーカルが面白関西人特有のトークをちょいちょい挟むところ以外はベーシックな進行のライブ。レーザー等は控えめで客もモッシュやダイブ等は一切ない大人しめな感じ。自分は二階で見ていたのだけど、前にいたのが中学生とその親で挙動がライブ初参加です!みたいな初々しさがあって微笑ましかった。3~4回演奏にミスがあったのもご愛嬌。
・二階の関係者席に座っていたバンドマンっぽい人間の着ている服が激ロックで売ってそうな服でふーんバンドマンじゃん…ってなった
・一番盛り上がりを見せたのが文ストでお馴染み「名前を呼ぶよ」でやっぱりアニメ主題歌の影響半端ないんだな…と

 

ここ最近変化球多めのライブに行っていたので、直球ストレートで箱を響かせるバンドを見れたのはよかったの一言です。
やっぱりバンドのライブはライブハウスで見るのが感覚として一番正しいですよ、ほんとうに。

 

2019年5月の読書

竹田 クニ『増補改訂版 外食マーケティングの極意』2018.12  言視舎

 

飲食店に必要な外食する様々なターゲット層について様々な本の図説を引用し解説した本。この本で一番印象深かったのが、ホットペッパーの「外食する人びと図鑑」の引用だ。消費者をコスト意識と情報感度の高低から11分類するこの分類は2012年に作られたものなので現在は若干内容が古くなっている可能性は否めないが、上手く解説を含めてイラストとモデルにおとしこんでいる。この他にも様々な本の紹介があるため、飲食店経営のためのブックガイドとしても使える一冊。

 

難波 里奈『クリームソーダ 純喫茶めぐり』2018.8 グラフィック社

 

全国各地のクリームソーダを出す喫茶店のガイドブック。この手の本の宿命として、全国各地と言いつつ関東中心であることが珍しくないのだが、この本はきちんと地方のクリームソーダについてまんべんなく書いているところがポイントが高い。筆者が取材をするたびに店主に「どこにでもあるクリームソーダですよ」と言われるとのことだが、どれひとつとっても同じクリームソーダがないのが印象深かった。原液のメーカーや駄菓子のソーダにも言及しているのも◯

 

大木 亜希子『アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア』2019.5 宝島社


AKBグループのアイドルを辞めた後の少女たちの人生を元SDNのフリーライターが追った本。作者曰く元アイドルは十字架のようなものだというが、少なくともこのインタビューに答えている元アイドルの女性たちの多くはそれを十字架としてはとらえていないようにみえた。セカンドキャリアと銘打つだけあり、ラジオ局社員や広告代理店などテレビ業界で働き続ける方、声優としてアイドルとは異なる表舞台で働く方、保育士やアパレル販売員として働く方など、元アイドルとして第二の人生を送る彼女たちをみるとアイドルで輝ける時期は短いんだなとしみじみと思ってしまった。ウシジマくんの作者である真鍋昌平が書いたドルオタ漫画『アガペー』でもそんなことを言っていた気がする。

2019.5.25 @ 新木場 STUDIO COAST  清竜人ほか「清竜人ハーレム♡フェスタ2019 10th ANNIVERSARY & 30th BIRTHDAY」  

f:id:bekibekibeki:20190527100253j:plain

f:id:bekibekibeki:20190527100328j:plain

 

■はじめに
皆様は竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム』をご存じでしょうか?あのとらドラの作者が描く大学を舞台としたラブコメで、自分は原作をツイッターのフォロワーさんに薦められて読んだところ、多田万里と加賀香子がすれ違いながらも愛を紡ぐふたりの物語に夢中になってしまい、気づけば既刊をすべて買っていました。その後アニメ化が決定し、とらドラのように流行ってほしいな…と期待していたのですが、話数を重ねるとともに(少なくとも)自分のタイムラインでは視聴を断念するオタクが続出しました。
「加賀香子の性格が無理」「多田万里の全てが無理」「香子ちゃんメンヘラストーカーすぎない?」「なんか知らないけど多田万里が阿波おどりを踊りながら光に向かいつつモノローグとともに記憶を失っていた(※1)」「ごめん、ほっちゃんが出てるアニメは基本見るけど切ります」「堀江由衣の無駄遣い」「ゴールデンタイムの後にホワイトアルバム2を観たくない」「本当にとらドラの作者?」などひどいつぶやきが並び、多田万里か記憶を失うことになった島田市の橋に聖地巡礼するぐらい(※2)ゴールデンタイムが好きだった自分としては(だいぶ納得できる理由ではあるものの)悲しい気持ちになったりしました(読者としてフォローさせていただけるのであれば、8巻+番外編ありの物語を2クールで描ききるのはだいぶ無茶であり、大切な加賀香子ちゃんの心情描写等が薄くストーリーを大筋のストーリーをなぞるのに終始していたため、原作では腑に落ちたシーンもアニメでは加賀香子と多田万里の異常性が際立ってしまった印象があります。また、外伝の二次元くんスペシャルはゴールデンタイム本編を読んでいなくても楽しめる多田万里の友人の二次元くんが主人公のオタク青春物語であり、多田万里と加賀香子むーりぃ…な方にもオススメです)。
そんなゴールデンタイムですが、二期のOPとEDはmasterpieceと言っていい出来で、清竜人はここまで香子ちゃんの気持ちを代弁できるんだ!?と心底震えたのと同時に「愛かな?恋かな?わがままかな?」という語りパートをオタクスマイルで何度もつぶやいたのを今でも覚えています。
ただ、当時の自分は言わば声優界のレジェンドである堀江由衣さんのライブに行くのはあまりに恐れ多く、生で聞きたい気持ちはありつつも時間だけが過ぎていきました。
2019年のある日、いつものように自室でツイッターを眺めていると清竜人ハーレムフェスタの告知がタイムラインに表示されました。ハーレムフェスタ?清竜人25の関係のライブかな?と思い出演者を確認すると堀江由衣の文字が。これを逃したら一生半永久的に愛してよ♥️が聞けないかもしれない!と思った自分は即座にぴあのページを開いていました。以下当日レポです。

 

■ライブ前
・自分が着いたのが開演5分前だったのでだいぶ混雑していたのですが、入口右の後方の位置を確保し開演を待ちます。堀江由衣さんの他にも、ももクロ(あーりん)やでんぱ組も出ていたためか男女比が7:3ぐらいの印象でした。
・開演後、司会の女性芸人であるスパイクが10分ほどの挨拶。

 

堀江由衣
・司会の「トップバッターは堀江由衣さんです!」で異常な盛り上がりを見せる会場
・ダンサーを二人伴って姿をあらわした堀江由衣さんは異様なオーラを纏っているというか現人神というか本当に人間なのか?と思うぐらいの出で立ちでした。「The♡World's♡End」冒頭の「ああ夢の中で逢えたらいえるかな」で加賀香子ちゃんの魂を憑依させており、清竜人特有のハイテンポで迷宮の中をさまようような楽曲を歌いこなし、ラスサビでスポットライトを浴びて語りかけるように言葉をつむぐ彼女に神性を見出だしたのはいうまでもありません。
・MCでも、彼女が(同じ事務所で同業の上坂はもちろんのこと)他の出演者とのつながりを語っておりさすがレジェンド…と思わされました。
・その後新曲を挟みつつ披露したスーパーmasterpieceであるところの「半永久的に愛してよ♥️」は正直記憶がありません。ただ青い色のペンライトを振りつつ涙をぬぐい、舞台上のハイトーンでもピッチが正確で透き通るような聲で多田万里に対してめんどくさく愛を囁く加賀香子ちゃんを眺めることしかできませんでした。
・ 「 CHILDISH♥️LOVE♥️WORLD♥️」でひたすらフレーフレーほっちゃんとコールするパートで不思議な気持ちになりました。
・ライブ後、清竜人とのMCで楽曲提供に至るまでのエピソード等を語っていたのですが、「竜人さんの曲は一言でいうとカオス」と言っていたのが印象的でした。ゴールデンタイムのOPとEDも曲調全然違うからね…
・仮歌は全部自分で録るという清竜人。「なーんてね♥️」も自分で撮ったとのことで世界一かわいいオッサン(30)だなと。

 

上坂すみれ
・堀江さんの余韻に浸っている中、いきなり「ボンキュッボンは彼のもの♥️」ですべてをぶち壊す上坂に爆笑しました。
・上坂「次は清竜人ハーレムフェスタらしいしっとりした曲を2~3曲やって帰ります。どうもありがとう上坂すみれでした。(地獄でホットケーキのイントロが流れる)そんな曲ありませ~ん!!!! だって一曲しか楽曲提供受けてませんから~!!!!!! 今日の出演者で一番清竜人成分が薄くてごめんなさい!!!!!!」って感じのMCで爆笑しました
・上坂、数年前のSHOW BY ROCK!!のコーストで見た際「全身に刺青入れれば水着にならなくて済むかな…」と彼女らしい過激な発言をしていた覚えがあるのですが、今回もそれが冴え渡り「トランプ大統領が羽田に到着しましたがここに反トランプ派の人はいますか」「公安に監視されていますので夜道に気を付けてくださいね」など平常運転でした。そして客に言われる前にセルフお水おいしー?回って~?かわいいよー!をやりはじめたのは少し面白かったです
清竜人の楽曲が尽きた彼女が3曲目に歌った「平成生まれ」のリリックのこじらせ具合がアーバンギャルドっぽいな…と思い検索したところ、作詞松永天馬で妙に安心しました
清竜人とのMCで、彼の楽曲を一言であらわすならバーミヤンと語り清竜人の不評を買っていたのがツボでした(即座に満漢全席です!と訂正しましたが)。彼女曰く「ボンキュッボンは彼のもの♥️」をリリース後キングレコードコンプラ意識が緩くなったのでもっと緩くできる楽曲を提供してほしいと言っていたのは笑うしかなかったです。あのPVみてちょっと心配したんですよね…

www.youtube.com

 

■でんぱ組
正直楽曲をでんでんぱっしょんぐらいしか存じ上げないのですが佳かったです。ぺろりん先生がレスをくれた気がしたので…
(「いのちのよろこび」で巨人が二人唐突に出てきてタケノコダンスし始めたのは面食らいましたが)

 

ももいろクローバー(佐々木彩夏)
あーりんさんはめちゃくちゃきれいでさすが地上アイドルだなと。ピカピカ光る服着ていたし。そして、周りのモノノフの皆様があーりん!あーりん!と絶叫しており、すごく今を輝かせていたのが印象的でした。でんぱ組でも感じたのですが、アイドルの現場は体育会系ですね。声優ライブでも同じようにペンライトを振りますが何かが違う。

 

清竜人
・狂気の宴。清竜人が学生服やゆめかわファッション、大阪のパンチパーマのチンピラ、パステルカラーの宇宙人のような服で芝居をした後、踊りながら楽曲を披露するというミュージカルのようなスタイルだったのですが、ハーレムフェスタと銘打つだけあって清竜人のハーレム欲求がそこかしこに散りばめられており胸焼けがするほどのパンチ力でした。

 

 

 これ一枚で意味不明さが伝わると思います。

 

特にゆめかわファッションで四人の女の子にりゅーじんくんのいいところはやさしくてかっこよくて歌が上手くて何より私のことが好きだって言ってくれたのと言わせていたのはなろう小説でもそんな描写せえへんやろ?と腹が痛くなりました。
今回の公演を楽曲数を増やし清竜人ミュージックショーと題して10月に行うとのこと。若干行ってみたさがありますね…

 

■おわりに
清竜人といえばシュッとした音楽性だと思っていたのですが今回のライブでそのイメージが180度覆りました。楽曲提供はともかく本人もこんな曲歌うんですね…MCでレコード会社から「♡は付けない方向で」とか言われるぐらい♡付ける曲ばかり書いてますしね。
あと、本当に堀江由衣さんという完璧にずっと17歳を張り続ける人間を見てしまい翌日もその光景が頭から離れません。自分は2000年代前半に10時頃から6時間のビデオテープで深夜アニメを録画していた人間なんで、堀江さんは本当に神に近いものを感じるんですよね…もう見てしまった以上はラブディスティニーもオールマイラブも聞かないと死ねないな…という使命感に燃えています。

いまは堀江さんをスタジオコーストに呼ぼうと思った清竜人にただただ感謝。

 

※1

f:id:bekibekibeki:20190527100612j:plain

ゴールデンタイム23話「ラストスマイル」より

※2

主人公の多田万里は高校時代バイクにひき逃げされ橋から転落し一切の記憶を失うのですが、実際に行った蓬莱橋は本当に高く、これ落ちたら死ぬだろ…とただただ多田万里の悪運の強さを痛感しつつ橋を往復しました。

f:id:bekibekibeki:20190527104156j:plain

多田万里とリンダ先輩の地元島田市

f:id:bekibekibeki:20190527104429j:plain

蓬莱橋看板。島田駅からは歩いて25~30分ほどなのでバスやタクシーを使った方が無難。

f:id:bekibekibeki:20190527104559j:plain

注意書。よかった、バイクでひき逃げされる多田万里はいなかったんだなって…

f:id:bekibekibeki:20190527104702j:plain

橋。思いのほか長い

f:id:bekibekibeki:20190527104731j:plain

川。わかりづらいと思いますが結構橋から高さがあります

f:id:bekibekibeki:20190527104834j:plain

川2枚目。きれい